ホーム > お知らせ >  平成26年度北海道新技術・新製品開発賞 食品部門受賞者のご紹介

お知らせ

平成26年度北海道新技術・新製品開発賞 食品部門受賞者のご紹介

◇制度の概要◇
 優れた新技術・新製品を開発した道内中小企業等を表彰することにより、技術開発を促進し、新産業の創出や既存産業の高度化を図ることを目的としています。

 

◇食品部門の受賞者◇

◆大賞

 ●新技術・新製品名
  アロニア酒「小樽美人」(果実原料のリキュール)

 ●企業名
  曲イ田中酒造 株式会社(代表取締役 田中 一良)
  〒047-0031 小樽市色内3丁目2番5号
  TEL 0134-21-2390  FAX 0134-21-2424
  URL http://www.tanakashuzo.com/

 ●新技術・新製品の概要、特徴  
  ・商工会議所が中心となって後志地域の活性化を目的としたプロジェクトにより新開発。余市・仁木
   町産の未利用、規格外果実を活用し、小樽市の食品業者が開発した新製品で、「地域資源の高付加
   価値化」、「地域連携」の良事例。
  ・抗酸化性のあるポリフエノールを多く含むアロニアを原料としたリキュールはこれまでに製品化さ
   れておらず、新規性・独創性がある飲料製品。 
  ・また、原料のアロニアの強い苦みと渋みを取り除くため、苦みと渋みの強い種と表皮を前処理で取
   り除き、エキスを取り出してリキュールとする製造技術は、高度な技術。

 ●受賞者からひとこと
   「北海道後志産の果実を広めたい」「女性のうれしいを叶える」をコンセプトに女性の視点から作
  り上げたアロニア酒「小樽美人」。ポリフエノールを多く含むアロニアを原料としたリキュールで、
  飲み方はロックやソーダ割り、またお酒シャーベットもおすすめです。

 

◆優秀賞

 ●新技術・新製品名
  冷やしあずき きたろまん(生菓子)

 ●企業名 
  株式会社 もりもと(代表取締役 森本 吉勝)
  〒066-0062 千歳市千代田町4丁目12番1号 
  TEL 0123-23-4181  FAX 0123-26-0211
  URL http://www.haskapp.co.jp/

 ●新技術・新製品の概要、特徴
  ・道産小豆の新品種である「きたろまん」は、これまでの主力
   品種である「エリモショウズ」と比べ、餡に加工したときに
   風味が弱いと考えられていたことから、「エリモショウズ」
   の代替品として使用されることが多かった。 
  ・こうした中、「きたろまん」の豊かな風味、大粒でポリフェ
   ノールを多く含むといった特長を生かした冷製生菓子の開発
   を試行。
  ・大粒な小豆の粒形を残しつつ、小豆そのものの風味や食感を
   楽しむことができるバランスが保たれた商品の開発に成功。

 ●受賞者からひとこと
  北海道産小豆「きたろまん」は、豊かな風味、大粒でポリフェノールを多く含むといった特徴があります。北海道
 立総合研究機構様の協力を得て商品化した「冷やしあずき きたろまん」は名水100選にも選ばれた支笏の伏流水
 を使用し、素材の味と食感を楽しめるよう、優しい甘味で仕上げました。

 

◆優秀賞

 ●新技術・新製品名
  干しの王様しいたけ(王様しいたけ乾燥品)

 ●企業名
  有限会社 福田農園(代表取締役 福田 将仁) 
  〒041-1134 亀田郡七飯町鶴野83番地
  TEL 0138-65-5522  FAX 0138-65-1818 
  URL http://k-kinoko.jp/

 ●新技術・新製品の概要、特徴
  ・本品は、既にブランド椎茸となっている「王様しいたけ」を百貨店バイ
   ヤーやレストランシェフの要望などにより、乾燥化した製品。
  ・乾燥にあたっては、これまで確立されている原木しいたけを原料とした乾
   燥技術を用いず、菌床しいたけである「王様しいたけ」のために、従来と
   は全く異なる温度操作による、乾燥技術を開発。
  ・この結果、キノコの王様と言われる「どんこ」と比較しても、旨みがあ
   り、渋み・雑味等が少ない食べやすい乾燥しいたけの製造に成功。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Hokkaido